吸盤付き竹製プレート ご使用方法・お手入れ方法

安全に、そして長くご使用いただくために、当アイテムの正しい使い方・お手入れ方法をご案内します。

ご使用方法

  1. ダイニングテーブルやハイチェアのトレイ・テーブルの上をキレイに拭きます。

  2. プレートを上から両手で圧力をかけて押してください。
    背面のシリコン吸盤がテーブルにピタッと吸着します。
    下記の画像のように、ピッタリとテーブルにくっ付いていればOKです。
  3. 食事が終わったら、吸盤のタブを引っ張れば簡単に取り外し可能です。

お手入れ方法

竹製食器は天然素材で作られています。
このため、プラスチック製やシリコン製の食器とは異なり、下記の2点について特にご注意して頂ければと思います。
  1. 洗い方
  2. 保管場所

また、竹製食器をご使用される上で覚えておきたい「竹製食器のNG」についてもご紹介します。

01 洗い方

ご使用後は出来る限り早く、柔らかいスポンジに中性洗剤等をつけ、優しく手洗いで洗ってください。

<ご注意点>
※食洗器はご使用にならないでください。急激な温度変化によるひび割れや変形の恐れ、また木地や塗装を痛める原因となります。
※たわしや磨き粉などは、製品に傷がつくことがございますのでご使用にならないでください。

つけ置き洗いはNG!

長時間水にさらすと水分が製品の中まで染み込んでしまい、乾燥させるまでに時間がかかってしまうことから、カビが生えやすくなります。
ご使用後になるべく早く洗うようにしていただくと、つけ置き洗いが必要になるほど汚れがこびりつくことはありません。

02 洗った後は十分に乾燥させましょう!

手洗いで優しく洗ったあとは、水分を拭き取り、風通しの良い日陰でしっかり乾燥させましょう。

洗浄後にすぐに食器棚に戻すのはNG!

カビの発生を防ぐため、表面の水分を拭き取るだけではなく、竹の繊維の中に浸透した水分もしっかり乾燥させる必要があります。このため、洗浄後にすぐに食器棚に戻すのではなく、しっかり乾燥させたうえで収納するようにしましょう。

03 保管場所

カビの発生を防ぐため、直射日光を避け、湿気がこもりづらく風通しの良い場所に保管してください。

密閉されたプラスチック収納棚は要注意!

プラスチックの収納棚は空気が循環しずらいため、梅雨時や夏の湿度と温度が上がった際に湿気がこもりやすく、プレートにカビが発生しやすい環境となります。定期的に収納棚の扉を開けるなどして、空気の入れ替えをするなどの対応を行い、湿気がこもらなくなるようご対応ください。

お手入れ方法

普段のお手入れ方法

  1. ご使用後は出来る限り早く、柔らかいスポンジに中性洗剤等をつけて優しく洗ってください。
    たわしや磨き粉などは、製品に傷がつくことがございますのでご使用にならないでください。
  2. 十分にすすいだあと、柔らかい布などで水分をふき取り、十分に乾燥させてください。
ご注意点
  • 天然竹製のため、つけ置き洗いは出来ません。
  • 油分や色味、香りの強い料理を入れたまま放置すると、汚れが落ちにくくなります。
  • 直射日光のあたる場所、高温多湿になる場所での使用、保管はおやめください。

月に1度はオイルケアを

当製品は天然竹製で出来ております。
長くご使用いただくために、月に1度程度、定期的に食用油(ココナッツオイルやオリーブオイル等)をプレート・ボウルに軽く塗りこみ、オイルケアを行いましょう。


<準備するもの>

  • 食用油(ココナッツオイルやオリーブオイルなど、食用油なら何でも可。普段お子さんに使用している食用油をご使用ください。)
  • ペーパータオル

<手順>

  1. シリコン吸盤を外します。
  2. ペーパータオルに少量のオイルを取り、プレート・ボウルに薄く塗りこみます。(内側・外側ともに塗り込んでください。)
  3. オイル塗布後は、半日ほど直射日光の当たらない風通しの良い場所で乾燥させてください。
ご注意点

オイルにより、塗布後に乾きやすい「乾性油(アマニオイル等)」と、乾きづらい「不乾性油(オリーブオイル等)」があります。
どのオイルをご使用いただいてもオイルケアは可能ですが、不乾性油の場合、半日ほど乾燥させてもベタ付きが感じられることがありますので、その際はペーパータオルでよくオイルをふき取ってからご使用ください。




なお当アイテムには、汚れの付着や水分の吸収を防ぐため、あらかじめ表面加工が施されておりますが、使用頻度、使用条件によっては、徐々にその効果が薄くなることがあります。

  • プレートやボウルにごはんを入れると、ご飯粒が以前よりもこびり付くようになった
  • 表面が乾燥して、カサカサし始めている

このような状態は、プレート・ボウルが乾燥し出している(またはすでに乾燥してしまっている)ため、オイルケアを行ってみてください。

定期的にオイルケアを行うことで、表面加工の効果を持続させることはもちろん、竹製品の乾燥による劣化を防ぎ、いつまでもキレイな状態で長く使い続けることが可能です。